FC2ブログ

アメリカMBA生活~全ての出来事は必然!?~

アメリカでのMBA進学を契機として始めたブログです。MBA生活や日々感じていること考えることを書いていきます。

春は別れと出会いの季節。

過去・現在・未来を顧みる季節。

なのは、日本だけか。

会計年度も別に4月~3月がほとんどってわけじゃないし、教授の入れ替わりもそのタイミングじゃないし、学期も何もなく流れているし、そもそも気温はもう30℃だし。肌寒さが入じ混じるセンチな感情は芽生えない。


自分は臆病者だ。

思ったこと、ほんとに言えているのだろうか。
やりたいこと、やるべきこと、ほんとにできているだろうか。

いや、「言いたいことは十分言っているよ」という声はわかっている。

でも、知らない相手だとやっぱり少しひるむ。知っている相手でも、近くにいないと、口頭で補足できないと、やぱり冷たくみえるはっきりしたことは言えない。それが長期的には本人にプラスになると信じていても。



春に異動や昇格をする後輩にかけたい言葉はたくさんある。どちらかといえば辛辣な言葉だ。でもメールで伝えても伝わらないと思ってつい優しい言葉になってしまう。別に現場にいない自分がセンチになる必要はないと自分に言い訳して。

学校のクラブ活動、次の学年のリクルート活動のブースが今日一斉に介していたが、いまさら2年生になる人間が参加なんて恥ずかしくてできない、なんて感じるのは日本人だけだろうか。ほんのちょっとの勇気を出せば、臆病な自分が変われば、もっと自分の幅は広がるのか。1年努力してきたつもりだけど、まだまだできること・逃げてることはたくさんある。ほら、後輩にも素直になれてないやん。


アパートの廊下の扇風機が久しぶりに全開で回るのをみて、ここに来た頃を思い出して自省している自分は、ある意味、春を感じているのだろうか。




スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |