FC2ブログ

アメリカMBA生活~全ての出来事は必然!?~

アメリカでのMBA進学を契機として始めたブログです。MBA生活や日々感じていること考えることを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

和 > 一貫性 ?

子供がもし財布を教室に忘れ、それを盗まれたとしたら、なんと言うだろう。

妻は「盗んだ人も悪いが、置いていたあなたも悪い」と言うのに対して、
私は「盗んだ人が100%悪い」という。

前者が一般的なのは理解しているし、それはそれで価値観の相違だから良い。

一方で、逆に子供が教室に置き忘れている財布を盗んだとしたら、なんと言うだろう。

妻は「盗んだあなたが悪い。」とだけ言って、「置き忘れた人が悪い」とは言わない、というスタンス。

でも、そのスタンスって状況によって考え方を変えていないか、都合がよろしくないか、一貫性がないではないか。

妻はそれが”和”を生んでいるのだと言う。それで、”調和”が保たれているのだと言う。

その考え方もわからないでもない。むしろ、その方が”普通”に育ってくれそう。

でも、少なくとも私はその曖昧さに違和感を覚えた。
判断対象が事象自体でなくなってないか。

盗みというテーマなだけに、妻の考え方と相容れないわけではないが、
物事を分析するときに、それが岸のこちら側にいるかあちら側にいるかで、結果が変わるような見方を子供にはしてほしくない。

私はもちろん「盗んだ人だけが悪い」と言うし、「だから絶対盗むな」と教えたい。


妻とはもう少し議論が必要のようだ。


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<成長 | ホーム | Bidding>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。