FC2ブログ

アメリカMBA生活~全ての出来事は必然!?~

アメリカでのMBA進学を契機として始めたブログです。MBA生活や日々感じていること考えることを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブラジル その3

ブラジルの企業訪問では、金融・重工業・製造業・サッカーなど多岐に渡りました。建設中のスタジアム視察も少しワクワク。ブラジルのサッカーチームの戦略も聞けて勉強になりました。一番感じたのは、どの企業もかなり強気の成長を想定していること。根拠が薄い場合もあるけど、実際ここ4~5年の過去実績が同じように伸びていたらそう思うのも妥当かと思い、新興国の“勢い”を感じた瞬間でした。

そんな企業めぐりをしている中で友達と話していて、新規事業においては始める勇気や実行力がやっぱり重要じゃないかって話になりました。今回訪問した企業は大企業ですが、彼らも40年前、50年前は何もなかったわけで、そこから1つずつ積み上げたわけで。綺麗な分析からは既存の業界ではベンチャーに勝てる要素なんてそうそうと見つかるわけないですが、これがウケルという想いをもってやり通すことでサバイブor成長している企業も多々あるのも事実だとすれば、その信念がいいまさらながら重要と感じてしまいました。例えば、日本食やカラオケなどは日本からもっと持ってくればウケルのに、と思ったりします。でも大企業でその案を通そうとすると、リスクが過大評価されて通らないことも多いと安易に想像がつきます。どちらが正しいかはもちろん一般論では評価できませんが、挑戦しない限りリターンがないのも事実です。新規事業では、アイデアの良し悪しという要素だけでなく(それよりも)、既存のアイデアでも実行できる勇気と行動力が改めて重要と感じました。



サンパウロの街中。ヨーロッパの影響を受けているとのこと。

Brazil8.jpg

Brazil9.jpg


食事に話を移しますと、サンパウロは日本人コミュニティがあるので、日本食レストランもたくさんあります。名前もいわゆる「Kimono」や「Kyoto」といったわかりやすい名前ではなく、「○○寿司」といった名前がついていて、期待が高まります。味も期待通りで、少なくともアメリカに着てから(アメリカじゃないけど)一番おいしいすき焼きを頂きました。お店ではブラジル人が着物をきちっと着ていて、ウエイターによると着付けが嫌で辞める人も多いとのこと。

マーケットでは、ポンカンやカキも売っています。柿の原産について、日本かブラジルかブラジル人と熱い議論になりましたが、中国が正解でしょうか?

Brazil11.jpg
Brazil12.jpg

日本人コミュニティあるとこには地下鉄で移動。サンパウロはリオと違ってビジネスの色が強く、地下鉄もしっかり張ってます。

Brazil10.jpg

日本人コミュニティある地下鉄駅の近く。土曜日ということもあってか出店がたくさん出ており、てんぷらなど売ってます。
Brazil13.jpg

てんぷらじゃなくて、コーヒーを買いました。ミルクはないのが普通で、砂糖のみ。苦味が特徴です。
Brazil15.jpg


もちろん、ブラジルの食事も美味しかったですよ。
Brazil16.jpg


このブラジルで通常はあんまり接点のないMBAの仲間と友達になれたのもよかったです。なかなか1年も経つといまさら仲良くなるって機会も貴重で、その意味でも有意義でした。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<娘の保育園の閉鎖 | ホーム | ブラジル その2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。