FC2ブログ

アメリカMBA生活~全ての出来事は必然!?~

アメリカでのMBA進学を契機として始めたブログです。MBA生活や日々感じていること考えることを書いていきます。

What if...

「ビジネスマンより、研究者のほうが向いていた」

落ち込む僕に彼女はそう言った。

言われてみれば間違いではない。

没頭するタイプだし、皆を率いてというタイプでもない。

「なぜ理系を選ばなかった」

追い討ちをかける彼女の言葉で、高校1年生のときに理系か文系かで迷って、物理の先生が嫌いだったから文系を選んだのを思い出した。

授業が始まって10分して居眠りする生徒には優しく注意するのに、終了間際まで我慢して落城した自分には黒板用のコンパスで先のチョークがすっぽ抜けて壁に突き刺さるぐらいに尻バットするその判断に法則を感じることができず、文系を選んだ。正直同じレベルで文系も理系の教科も好きだったので、決め手になったのはその不条理。

それ自体の判断に今でも後悔はないし、戻っても同じ判断をする。けど、もし理系を選んでいたらなんて考えたこともなかったけど、意外とそっちのほうがよかったかもなんてふんわり思ってみる。

「時間は戻せないよ」

泳がせといて叩く、彼女の言葉は無視する振りして、自分の限界を受け入れる現実モードに移る。
仕事でできない経験するのもそんなたくさんないし、それはそれでこれからの糧になる、なんて月並みな思考回路で落ち込む自分を切り替えようとする。

後ろ向きなメッセージで終わるブログは嫌いだし、かといって小奇麗に終わるブログもこしょばゆい。

つまりは、傷心しつつ、切り替えつつ、タラレバに後ろ髪をひかれつつ、3本目のビールに逃避しながら、眠りにつき、また明日頑張ります。

スポンサーサイト




未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<風景は気持ちを映す場所 | ホーム | >>

コメント

豊福先輩!

先輩が研究者に向くかビジネスマンに向くかなんて、この先次第っすよ!!

結局あきらめずにその道進んだ人がその道の第一人者になる気がします!

大学のたった4年間の授業で、理系の道、文系の道って人生が決まるのはおかしいっす!
大学卒業してからが、本当の人生だと思いますし、豊福先輩が正しいと思う道に進めばいいと思います。(奥様のおっしゃることは分かりますが、最後は自分がどうなりたいかじゃないっすか)
僕は先輩と一緒に仕事をして、気づかされること多かったですし、先輩みたいになれたらと思いましたよ!!
自信もってくださいっす!
2012-07-13 Fri 21:53 | URL | ほり [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-13 Fri 23:09 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |