FC2ブログ

アメリカMBA生活~全ての出来事は必然!?~

アメリカでのMBA進学を契機として始めたブログです。MBA生活や日々感じていること考えることを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

心配性


先日の授業で、既に成功している企業が変革を起こした事例のケースを2つ読んだ。

その2つのケースに共通していたのは、株価や業績の悪化があり、それが変革の引きがねになっているということ。

じゃあ、疑問に浮かんだのは、会社がうまく行っているときに、どう危機感が醸成できるのか。

教授に質問したところ、教授いわく、危機感のできる契機として3つ。

1.業績の悪化(ケースのとおり)
2.内部からの指摘
3.(外部のコンサルタント)

3も内部からの依頼がないと成立しないことを考えると、2に含まれると解釈。その2については、経営に関与する部門が経営者に危機感を感じさせるように仕向けること、という意味。でも、同時に経営者がこのままじゃだめだと思う、いわば心配性でないといけない、とのこと。楽観的な経営者であると、上記の2はうまくいかないよう。すなわち、業績の悪化がないと変われない。

心配性も捨てたもんじゃないな。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日曜日 | ホーム | 最後の学期>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。